ELECTRIC「ALL FLAT CASH JAM 2017」イベントレポート

2月11日(土)に新潟・石打丸山スキー場にて、Electric主催のレールコンテスト「All Flat Cash Jam 2017」(以下、AFCJ)が開催された。
AFCJは、ハイクアップのジャムセッション形式でおこなわれ、ジャッジから配られるElectric Cashを多くGetしたライダーが勝つというものだ。ジャッジ陣はこの日ために北海道から会場入りをした、Electricライダーのテディ・クー、高尾翔馬、小川凌稀の3名。
会場となるセクションは、ジブの猛者たちを唸らせるコースレイアウトが待ち構える。なんと稼働してないリフト降り場を舞台に、ローレールからAFCJ名物のVoltレールやジャバラからダブルダウンレールのタイトな2ライン。その横にはリフト小屋の屋根をそのままに使用したアップレールからの巨大セクションが設置。特設されたアイテムたちに、各地より集まった参加者らのテンションはMaxに。そうして、コンテストの火蓋が切られた。
ハイレベルなトリックの数々とスタイルのぶつかり合いにギャラリーの歓声が飛び交い、コンテスト開始早々から会場のテンションはヒートアップ。ハイクアップの疲れなど感じさせないほどの白熱のセッションが続いていた。なかでも安定感抜群でクリーンに決める澤村 岳、脅威のメイク率で会場を沸かせた岡本史哉、そして昨年に続き1位となった澤田一磨はライダーをも息を呑むようなスタイルとキレのある滑りを披露していた。
参加者の誰もが日々の鍛錬したスキルを披露し、繰り広げられるセッションは、間違いなくリザルト以上に得るものがあるコンテストとなったであろう。
大会のハイライトムービーとともに白熱したAFCJの模様をチェックしよう。

 


ALL FLAT CASH JAM 2017ハイライトムービー

 

ELCTRIC ALL FLAT CASH JAM 2017 リザルト

1位 澤田一磨 サワダ カズマ
2位 澤村 岳 サワムラ ガク
3位 岡本史哉 オカモト フミヤ
4位 田中一年 タナカ カズトシ
5位 米野舜士 コメノ シュンシ
6位 鈴木宏晟 スズキ コウセイ
Best Trick 滝川 航 タキカワ コウ

 

Photos by Kentarou Fuchimoto.

Click to Share