Loading...

WHAT’S DEGENERATI?

ブランド誕生秘話

 その構想が練られたのは、今から1年半ほど前に遡る。
 アメリカ北東部のとあるスノーボードカンパニーで働いていた数名が、ブランドのベースステーションを設置するために、サマーキャンプの聖地であるマウントフッドへと赴いた。そこで彼らは、スノーボードに人生を捧げ、年がら年中スノーボードと向き合う若手のローカルライダーたちと生活をともにすることになった。その若い連中の頭のなかは、朝から晩までスノーボードのことばかり。山に上がればほとんどの時間をパークで過ごし、下山してからもバックヤードの手作りのセクションをヒットする。そして夜は遅くまで酒を片手にスノーボードについて語り合う。もちろん、調子のいいパークやスポットがあれば、すぐさまトリップへと出掛けたりもする。そんなバガボンドライフを送る彼らだが、たとえ汚れたバックパックを背負って旅に出ようとも、友達の家を転々としながらソファで寝泊まりすることになろうとも、ギアに対するこだわりは非常に強かった。
 移動は多いけれどローカルシーンに根付き、フリースタイルマインドを決して忘れることなく、いつでもライディングするチャンスをうかがっているライダーたち。そんな彼らを満足させるためのモノを作ろうと、前述したスノーボードカンパニーの数名が立ち上がり、Degeneratiはスタートしたのだ。
 ちなみに、Degeneratiという言葉は、このブランドのアイデアを思いついたメンバーが考えたもの。その意味は、「Degenerate(堕落した人)」と、「Illuminati(悟りを開いた人)」を混ぜた造語で、とことんスノーボードに向き合うハイエンドなダメ人間、いい意味でのスノーボードバカといったイメージを込めているそうだ。

FEATURE PRODUCTS

フィーチャープロダクト

 ハードコアなスノーボーダー、つまりギアを酷使するライダーたちのために、Degeneratiはタフなプロダクトを作ることにフォーカスした。そのうえで芸術性とメッセージ性をプロダクトに注入しているのだ。

MOVIE

ライダー映像クリップ

Corey Caswell - コリー・カズウェル
どこか懐かしいニオイのするスタイルと、アグレッシブで斬新なスタイルを併せ持つコリー。オールドスクールなトリックだけでなく、テクニカルなトリックを織り交ぜながらゲレンデやパークを縦横無尽に滑る姿が魅力的なライダーだ。

Jesse Gomez - ジェシー・ゴメス
クリエイティブな発想力を活かして、つねにプラスワンのフッテージを狙っているジェシー。ちょっと変わった遊びを取り入れるだけでなく、ヒットするポイントもひとクセある場所ばかり。予測不能な動きが面白すぎるライダー。

NEW PHASE

DEGENERATIの行く先

 自由なスノーボーディングに満たされる時間の価値や、その意味の重要性を理解し、世間の常識にとらわれないスノーボーダーたちをフォローするべくスタートしたDegenerati。今やブランドが掲げるスローガン「Live freely and drink deeply. Deviate and discover(自由に生きろ、徹底的に飲め。道を外れろ、そして発見しろ)」に賛同したライダーやコミュニティは、アメリカのシーンのみならず、ヨーロッパのシーンにまで広がり始めている。だが、それは決してDegeneratiが躍起になって広めようとしているわけではない。無理に流行らせようとしても、流行はいつしか廃れるものだから……。インスタントな流行で終わらないためにも、Degeneratiはこれからも純粋にスノーボーディングの本質を追求し続ける。このスタンスは永久不滅だ。

INFORMATION