Loading...

GLOBALIZATION

FLUXがナショナルブランドになれた理由

 『アメリカから始まったスノーボード』という図式は、カルチャーやプロダクトなどにおいてアメリカ優位を作り出した。それは世界で戦おうと息巻く日本ブランドにとって覆すことの難しい現実だった。FLUXを立ち上げた当初から、その悔しさをバネにいつの日かアメリカ人が買いたいと思えるモノ作りを目指してきた。そうして、アメリカでの販売経路というアドバンテージを持っていたCAR MATE E.S.C. はFLUXの世界への進出を果たす。
 まずはFLUXの最大の魅力である強度を第一に意識して、海外のいかなる環境でも耐えうる品質をクリアすること。その高い品質を武器に徐々にシェアを伸ばしてきた。そして2012年頃からはアメリカ側の意見も積極的にも取り入れ、アメリカチームを編成。マーケティングチームからチームライダー、そしてプロダクト作りにおいてもアメリカ発信のものが増えていった。その結果、現在ではジョン・ジャクソンやイアン・サムズといった素晴らしいスノーボーダーたちを有し、日本の確かな品質とアメリカを拠点とするチームのインスピレーションがミックスしたナショナルブランドとして認められている。

Rider: Erik Leon / Photo: Terren Gomez

Rider: Erik Leon / Photo: Terren Gomez

VIDEO

チームライダークリップ

FLUX Movie 『ReNamed』

FLUXライダーたちのパークやゲレンデクルージング、トリップセッションが収められたシリーズムービー『ReNamed』。

ジョン・ジャクソン John Jackson

「FLUXはどんなコンディンションにも左右されない頼れるバインディングだ。それに俺の好きなフライフィッシングのグラフィックが、俺の好きなスノーボードのバインディングにデザインされるなんて最高だね」。
スノーボーダーとして最高峰の栄誉であるライダーオブザイヤーやベストビデオパートなどを獲得。ビッグマウンテンをアグレッシブに攻めまくり、スノーボードの限界を押し広げ続けている。

イアン・サムズ Ian Sams

「新しいSnowboarder Magのバインディングはチームのみんなお気に入りだよ。チームはみんな友達ばかりだし撮影はいつだって楽しいよ。そんなヤバイクルーで撮影してる新しいReNamedシリーズは間違いないものになるはずだよ」。
無駄のないスムースなスタイルで人気のフリースタイルライダー。パークのメッカ、ベアマウンテンを拠点にストリートでハイレベルなフッテージを残し、昨年には日本をフィーチャーしたフルパートを公開している。

長谷川 篤 Atsushi Hasegawa

「使ってるモデルは俺好みのしっかりしたホールド感があって調子が良いXF。FLUXチームの中でもイアンは凄いハングリーだし攻めていて、いつも刺激を受けるライダーだね」。
ハードなストリートセクションを圧倒的なボードコントロール能力と抜群のトリックセンスでメイクしていくスタイルは圧巻。昨年公開された自らのフルパートは国内だけでなく海外からも高い評価を得ている。

[FEATURE] 長谷川 篤 Atsushi Hasegawa

INFORMATION