スノーボーダーが集まる森の祭典

 エヨウ! うぇら、まめってえかい!? まあ、あんじゃねえで、よいとやりや! あ、失礼しました、ちょっと発音が良すぎて聞き取れませんでしたかね? 今のは白馬、小谷地方のスラングで「おまえら調子はどうだい!? まあ、大丈夫だから、気楽にいこうぜ!」って言ったんですよ。どーも、長澤隊長バッカゲン。今回は、6月24、25日に菅平にて行われた「信州森フェス!」(以下、森フェス)なるイベントを紹介しようと思います。一体、森フェスとはなんなのか!? 果たして、このスノーボードのウェブマグに相応しい記事なのか!? 隊長がテキトーぶっこいて、こじつけてるだけじゃねぇのか!? ついにその真相が明らかに…!!

 まず始めに、森フェスとはなんぞや? ウェブサイトによると「森フェスは森とひとの関わりや森とつながる暮らしについて森のなかで楽しみながら考えてもらうきっかけになれば、と2011年からスタートしたイベントです」とあります。その言葉通り、イベント中にはさまざまな自然に関わる活動をしてる方のトークショーやワークショップ、そのほか諸々楽しいことが山盛りイッパイ。例えば自然素材にこだわって建てた家の話、茅葺屋根職人の話(ウチの親方)、極めつけは「うんこはごちそう」というセンセーショナルなキャッチコピーとともに野糞を推奨する先生の話(先生が野糞を推奨する理由は、聞いてみると至極正論でまさに目からウンコ…あ、間違えた、目から鱗です)などなど。トークショーの合間にはライブバンドのショーがあったり、まわりではライブペイントも行われておりさわやかな高原の中に気持ち良くアートが絡み合った空間になっています。ほかにも会場内ではいたるところにブースがあってさまざまなものが展示販売されてます。そこには、我がスポンサー、Green Lab.をはじめ、Prana Punks、Lade clothing、Redi、Live naturaly、AREth、Burtonなどのブースがあり、ヨコノリストたちには見逃せない感じになっております。またフードブースもかなり充実しており、どれもヘルシーで美味しそうなものばかり! ほかには菅平の採れたて野菜や、ミニランプ、木登り、雪板作り、映画、プロレス…気になるところを見て回ってるとあっつ~間に時間が過ぎます。このイベントを見回すと、ステージ上で喋ったりパフォーマンスしてる人、ペイントをしてる人、出店してる人、裏方の中には冬山でよく会うスノーボーダーがたくさんいることに気付きます。ではなぜこんなに多くのスノーボーダーが集うのか。

 それは、このイベントを主催してるのが我がGreen Lab.のボス、中山二郎くんのお母様(超エネルギッシュ!)でいらっしゃいまして、必然的に息子の二郎くんも主要メンバーなのです。二郎くんは菅平を拠点に活動するスノーボーダーで、Green Lab.を運営する傍ら、野菜を作ったり、バンドをしたり、絵を描いたり、スノーボードのウッドコアを自分たちで作ったりとマルチかつD.I.Y精神溢れる男です。そんな、スノーボーダー得意のヨコの繋がりによってみんな集結し、そこに更にお母様の世代を超えたタテの繋がりと多様でユニークで有能な実行委員のメンバーによって、このイベントがさらに深みのあるものになっています。この親子の行動力や自然に向き合う姿勢は本当に素晴らしいと思います。ナフリスペクト!

 あまにりにも内容が多すぎて細かい魅力には触れられませんが、そこは是非ご自身で足を運んで体感していただきたい。会場はスキー場の中腹で対面には菅平の名峰、根子岳と四阿山が見える抜群のロケーションにあり、子供もたくさんいて芝生の上を楽しそうに走り回ったり、ワークショップで楽しみながら学んだり、自然をより身近に感じ楽しめる絶好の機会だと思います。もちろん大人も楽しめます。どうです? 行ってみたくなったでしょ? そうと決まれば、来年の6月下旬の週末は今から予定を空けといてくれなはれ! ほな、さいなら~。

 追記、森フェスのウェブサイトやフェイスブックページに当日の写真がアップされてるので、ぜひチェックしてみて下さい!

信州森フェス!
ウェブサイト: morifes.jimdo.com
フェイスブックページ:@shinshumorifes.info

 

長野 フェス festival nagano

Photo:Sayaka Kato

YUSAKU NAGASAWA長澤優作 / YUSAKU NAGASAWA長澤優作
YUSAKU NAGASAWA

白馬・佐野坂の土とヒップホップカルチャーのダシがきいた信州信濃の特産スノーボーダー。選ばれし勇者のみが同行を許される長澤探検隊を率いて、白馬周辺の急斜面を開拓中。死を覚悟するような崖に隊員をいざなうシグネチャートリックには要注意だ。たまにバックカントリーガイド、茅葺き屋根職人、絵描き、マイクをもてばMCチャラカッペ。

スポンサー:Green.Lab、Shred、Garage902

信州 fes フェス nagano

Click to Share